配布するhostファイルの形式について

配布するURL、形式の最終を決めました。(11月22日からURLが変更となっています)

https://280blocker.net/files/280blocker_host.txt

拡張子がtxtが最もトラブルが少なそうなのでこれに統一し、こちらのURLを今後更新していきます。
Workflowで他の形式へ変更も可能なようですし、今後はFuturemind AdblockやAdguardPro用にはこのファイルのみ更新します。

ちなみに、サブドメインまで自動的にブロックしてくれるシステムでは流用可能です。
例えば、Samsung Android機用の広告ブロクアプリであるAdhell,Adhell2でも使えるかと思います。