定義ファイルを修正しました

20161230版でABP形式を使う場合、最新版と表示されなかった件修正しました。
その他FAQを書いておきます。

●Adguardで、以前から「最新のルールが有効ではないです。」となる方
→要素非表示のルールが効いていない、もしくはhttpsでのフィルタリングがうまく働いていない状態です。例えばgoogle.comで「クレジットカード」で検索すると広告が出てしまいませんか?
280blockerはブロックと要素非表示の両方を駆使して広告を消しています。ですので要素非表示のルールが効いていない状態(ブロックのみしか効いていない状態)では消えない広告が多数あります。

●Adguardでの決済について
→ウクライナ・フリヴニャ(UAH hryvnia)も比較的安いので、比較する価値ありです。ルーブルよりはやや高いですが、UAHだとPC版英語ページで決済できます。

●Adguardの日本語翻訳について
→かなり前に翻訳はすべて終わっていますがなかなかアプリに反映されないですね。翻訳プロジェクトでは少し翻訳を手伝わせていただきました(日本語版については翻訳量で3位です。)

●1blockerやその他の環境でAnti-adblockが出る方
→ほとんどの場合、他に併用しているフィルタが原因です。特に1blockerに内蔵されているフィルタが原因の事が多いです。併用しているフィルタをオフにすれば直ります。

●対応できない不具合についてについて
→キャリア(docomo/au/softbank)ユーザしか見られないサービス・ページは対応できません。アプリでも一部機種しか動作しないものも対応できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。