広告ブロックの方法(おもにiPhone)

iPhoneの広告ブロック方法

簡単にSafariの広告だけがブロックできれば良い方は「280blocker:コンテンツブロッカー280」をダウンロードして設定してください。
safari以外の広告も簡単にブロックしたい方は「280blocker:コンテンツブロッカー280」と、280blockerアプリ内の高度な設定にある暗号化DNSの利用が簡単でおススメです。(やや精度低)
safari以外の広告ブロックをより精度よく行いたい場合は、「280blocker:コンテンツブロッカー280」と、DNScloak・AdugardPro・Futuremind Adblockのどれかを利用してください。この3つの中ではDNSclockのみが無料です。この方法は、Appleが推奨している方法ではないため、うまく動作しなかったりiPhoneの動作が重くなったりすることがあります。

これらのアプリやDNSを使っても広告が消えないサービスも多くあります。その中のいくつかのサービスについては、専用のアプリを利用することで広告が消えます。
・twitterのプロモーション広告:tweetbotやfeather(ただしfeatherの設定でリンクを外部ブラウザのsafariで開くように設定してください。)
・Facebookやinstagramの広告:FriendlyPlus
・youtubeの広告:Youtube Premium

‎feather for Twitter

コンテンツブロッカーの設定(難易度 低)

「280blocker:コンテンツブロッカー280」をダウンロードします。
280blockerアプリで「広告をブロック」「SNSをブロック」「最新のルール」をオンにします。
iPhoneの設定アプリ、safari、コンテンツブロッカーで280blockerをオンにします。

280blockerのDNSの設定(難易度 容易)

iO14以降で利用可能です。280blockerの高度な設定の中に、280blockerのDNSによるブロックの使い方について説明を書いていますので、そちらを参考にしてください。2020/10/16のバージョンアップで設定がとても簡単になりました。この方法では消えない広告もそらなりにあります。

DNScloakの設定(難易度 やや難)

下記に設定方法をまとめていますので、参考にしてください。
アプリ広告の消し方(DNSCloak) | 280blocker
また、AdguardProやFuturemind Adblockでも広告ブロックができます。
ちなみにiPhoneのWi-Fiアシスト機能がオンになっていると通信が不安定な時に広告が表示されてしまうことがあります。iPhoneの設定アプリのモバイルデータ通信で、Wi-Fiアシストをオフにしておいてください。

よくある質問

コンテンツブロッカーアプリは必要なのですか?
280blockerのドメインリストやDNSでのブロックは、本来のブロックルールのほんの一部しか入っていません。ブラウザの広告を消すのにはかなり不足しているため、DNSサーバ、DNSCloak、AdguardPro、futuremind Adblockだけでは消せない広告が多数あります。コンテンツブロッカー280も併用してください。

AdguardPRO・Futuremind Adblock・DNSCloakのどれがいいのですか
どのアプリもドメインリストを元に広告をブロックするという基本機能はそれほど変わりません。設定によってはうまく動かないこともありますので、無料アプリのDNScloakを勧めさせていただいています。
それぞれのアプリによって違いはいろいろあって、それぞれの長所・短所がありますので、どれを選ぶかは好みの問題かなと思います。

AdguardPROはどうですか?
使い勝手もよく、開発元も情報公開がしっかりしていて良いアプリかと思います。海外のサイトに対する広告ブロックがメインで、内蔵のフィルタは国内サイトでは少々弱い事もあるようです。

Futuremind Adblock/Weblockが非推奨の理由
古いバージョンのAdblockは安定して広告ブロックしてくれますので一部では人気ですが古いバージョンのアプリをインストールするには少々複雑な手順が必要です。Weblockはこの2年間バージョンアップされていなかったり、不要なブロックドメインをまとめて削除ができなかったりするのでお勧めしていません。
そして、気になるのが開発元の情報提供が不十分な事です。@adblockiosのtwitterアカウントは長く凍結されていますし、開発元からの最近の情報の提供がほとんどありません。

AdguardPROだけでsafariの広告も消えませんか?
AdguardPro内蔵のコンテンツブロッカー機能も高性能かなと思いますが、日本のサイトについては消えない広告もあるなあとは思っています。ただどのアプリも日々新しくなり更新されていますので、どの広告ブロックアプリを選ぶかは好みの問題もあるかなと思います。

1blockerについて
上級者向けのアプリで無料だと制限がきついので課金をして使うアプリです。コンテンツブロッカー280の機能に物足りなくなったら、1blockerを使っていただくのも良いかと思います。ただ間違えた使い方をすると不具合がよくおこります。自分でフィルタを書いたり、カスタマイズできる人向けのアプリですのでほとんどの人には不要なアプリと思います。

Android

まずはなんJ AdGuard部 Wiki*を参考にしてください。とてもわかり易く詳しく載っています。私自身もいくつかコメントさせていただいています。
280blocker.netで配布しているファイルが期待通りに動作する設定は、ライセンスを購入しPremiumにする、HTTPS機能をONにする(#)、DNS機能はオフ、内蔵フィルタをオフ、Adblock用280blockerフィルタのみを使用する事です。
下記のページで280blocker.netのフィルタが正しく動いているかチェックできますので参考にしてください。
https://280blocker.net/checkblock/

(#)Adguardのhttpsフィルタリングを使用するかどうかは、それぞれのユーザがそのリスクを理解した上で決めていただければと思います。
ちなみに、日本語版Adguard(android)では「警告を無視して(証明書を)インストール」と手順に書かれていますが、この説明はよくないなあと思っています。
システムが警告が出すのには理由があるわけで、こういう警告が出るおかげでフィッシングやマルウエアを防げていると思います。警告を無視する事を安易にユーザに勧めるのは、そのユーザが将来的に警告を無視して悪意のある証明書やアプリをインストールしてしまう可能性を高めてしまうと考えます。
(といいながら、私自身も同じような表現をこのblogで過去に何度もしてる気がします。)

PCの方

ChromeにuBlock originをインストールして日本向けフィルタを追加しましょう。PC用では豆腐フィルタや雪フィルタが良いかなと思います。
私はPC用でも280blockerのABP形式を使用していますが、あまり向いていないと思っています。
nano defenderは正体不明の謎の相手に売却されてしまったので、使うのはやめた方が良いです。