広告ブロックの方法(主にiPhone)

iPhoneの広告ブロック方法

iPhoneの広告については、safariにはコンテンツブロッカーというAppleが認めた高性能な仕組みがありほとんどの広告を消す事が可能です。「280blocker:コンテンツブロッカー280」をダウンロードして説明動画通りに設定していただくとsafariの広告が消えます。
safari以外の広告については完全に消す事はできません。しかしながら、「280blocker:コンテンツブロッカー280」の高度な設定にある暗号化DNSを設定していただくと多くの広告が消えます。
これらのアプリやDNSを使っても広告が消えないサービスも多くあります。その中のいくつかのサービスについては、専用のアプリを利用することで広告が消えます。
・twitterのプロモーション広告:tweetbotやfeather(ただしfeatherの設定でリンクを外部ブラウザのsafariで開くように設定してください。)
・Facebookやinstagramの広告:FriendlyPlus
・youtubeの広告:Youtube Premium

‎feather for Twitter

コンテンツブロッカーの設定(難易度 低)

「280blocker:コンテンツブロッカー280」をダウンロードします。
説明動画に沿って、280blockerアプリ内の設定を3か所オンにします。また、
iPhoneの設定アプリ、safari、コンテンツブロッカーで280blockerをオンにします。これでsafariの広告が消えます。

280blockerのDNSの設定(難易度 容易)

iOS14以降でのみ利用可能です。280blockerの高度な設定の中に、280blockerのDNSによるブロックの使い方について説明を書いていますので、そちらを参考にしてください。広告通信以外には全く影響を与えないため、負荷がほとんどなく非常に動作がスムーズな事が特徴です。また、公衆wifiや社内ローカルサーバーなどの利用にも支障がでません。
ただ、この機能を使っても、LINEやTwitter、Youtubeアプリ、Twitch、FacebookやInstagramなどの広告を消す事はできません。

よくある質問

コンテンツブロッカーアプリは必要なのですか?
コンテンツブロッカー機能はAppleが提供している機能のため、高機能で高速でほとんどバッテリーに負荷もかかりません。safariに機能は限定されますが、まずは利用されることをおすすめします。

AdguardPRO・Futuremind Adblock・DNSCloakはどうですか?使うならどれがいいのですか?

いずれのアプリもコンテンツブロッカーに比べると消す事のできる広告は限定的です。またローカルVPNという広告ブロック目的ではない機能を利用しているため、iOSのバージョンアップで重くなったり、通信がつまったりするなど不具合が起こる事もあります。どのアプリが良いとは一概には言いにくいかなと思います。
またこれらのアプリを利用しているときはテザリングが利用できなくなることがあります。
個人的にはiOS14から利用可能になった暗号化DNSの方が良いと思います。

一般的な広告ブロックDNS(AdguardDNSなど)と280blockerの暗号化DNSの違い

例えばAdguardDNSサーバーのような一般的な広告ブロックDNSでは広告以外の通信にも全てAdguardDNSに問い合わせますので、通信先ドメインが外部に知られてしまう問題がありますし、社内サーバーなどの非公開サーバーの名前解決がエラーになるなどの支障が出る事があります。
一方、280blocker DNSは広告以外のドメインの問い合わせには関与しませんのでプライバシーの問題が生じにくいメリットがあります。
またDNSサーバーが落ちた時を仮定すると、280blockerDNSの場合は通常の通信には影響がでないため広告ブロックが遅くなるだけで問題なくサイトが見られますが、一般的な広告ブロックDNSサーバーでは通常のサイトも見られなくなります。

他の広告ブロックアプリでも広告が消えませんか?違いは?
280blockerについては日本のサイトに特化して、様々な新しい広告に対応しています。昨年度ですと1000件を超える日本のスマホサイトの広告報告を元にブロックルールを更新しています。この点が他の広告ブロックアプリと違う点です。
またできるだけ簡単に使えることを目指していますので機能はできるだけ絞り込んで作成しています。また、著作権に問題のあるコンテンツがあるサイトには積極的な対応は行わないという方針で作成しています。このあたりは他のアプリと異なる点です。
それぞれの広告ブロックアプリによって細かな違いがありますので、どれを利用されるかは利用者の好みの問題もあるかなと思います。

1blockerについて
上級者向けのアプリで無料だと制限がきついので課金をして使うアプリです。コンテンツブロッカー280の機能に物足りなくなったら、1blockerを使っていただくのも良いかと思います。ただ間違えた使い方をすると不具合がよくおこります。自分でフィルタを書いたり、カスタマイズできる人向けのアプリですのでほとんどの人には不要なアプリと思います。

Mac(M1搭載)

M1搭載のMacではiOSアプリの多くがそのまま動作します。
2020年12月から280blockerアプリも利用できるようになりました。
設定方法がiPhoneとは異なりますので、詳しい説明はこちらの記事(M1 Macで280blockerの配信開始)をごらんください。
280blocker自体はモバイル用サイトに特化した広告ブロックアプリですので、Macで見られるサイト(PC用サイト)では一部の広告が消えないなどがあるかと思います。気になる方はPC用広告ブロックをお使いください。最も有名なのはChromeとuBlock originの組み合わせかと思います。

Android

まずはなんJ AdGuard部 Wiki*を参考にしてください。とてもわかり易く詳しく載っています。私自身もいくつかコメントさせていただいています。
280blocker.netで配布しているファイルが期待通りに動作する設定は、ライセンスを購入しPremiumにする、HTTPS機能をONにする(#)、DNS機能はオフ、内蔵フィルタをオフ、Adblock用280blockerフィルタのみを使用する事です。
下記のページで280blocker.netのフィルタが正しく動いているかチェックできますので参考にしてください。
https://280blocker.net/checkblock/

(#)Adguardのhttpsフィルタリングを使用するかどうかは、それぞれのユーザがそのリスクを理解した上で決めていただければと思います。
ちなみに、日本語版Adguard(android)では「警告を無視して(証明書を)インストール」と手順に書かれていますが、この説明はよくないなあと思っています。
システムが警告が出すのには理由があるわけで、こういう警告が出るおかげでフィッシングやマルウエアを防げていると思います。警告を無視する事を安易にユーザに勧めるのは、そのユーザが将来的に警告を無視して悪意のある証明書やアプリをインストールしてしまう可能性を高めてしまうと考えます。
(といいながら、私自身も同じような表現をこのblogで過去に何度もしてる気がします。)

PCの方

ChromeにuBlock originをインストールして日本向けフィルタを追加しましょう。PC用では豆腐フィルタや雪フィルタが良いかなと思います。
私はPC用でも280blockerのABP形式を使用していますが、あまり向いていないと思っています。