コンテンツブロッカー280 サポート

  • 困った時は下記のFAQを
  • 最新情報や更新情報:280blocker blog
  • 消えない広告や不具合:国内の広告で著作権の問題のないサイトの広告についてはSafariから報告していただければ、1ヶ月内には対応させていただいています。(報告方法動画)
  • 高度な設定について:高度な設定の使い方
  • アプリの返品・返金希望:「返品・返金について」
  • コンテンツブロッカー280のFAQ

    「広告をブロック」「SNSアイコンを非表示」「検証中のルール」は全てオンにすることを推奨しています。

    高度な設定は基本的にオフにしてください。

    Safariの再読込ボタンを長く押すと「コンテンツブロッカーなしで再読込」が出来ます。
    一時的に広告ブロックをオフにしたい時はこの機能を使ってください。

    SNSへの共有はSafariの下部のボタン(アクションメニュー)から行うとスムーズです。

    safariの広告だけが消えます。他のブラウザやアプリには効果がありませんのでご注意ください。

    Safariの広告が全く消えない場合は、設定がうまくできていないか、何らかの不具合が発生しているかです。
    設定については、iPhoneの設定アプリからsafariのコンテンツブロッカーで280blocker をオンにするのを忘れている方が多いです。
    これができない場合は、「コンテンツブロッカーの設定ができない」を見てください。

    不具合が生じている場合は下記の手順で直ります。
    1.280blockerを削除
    2.iPhoneを電源を切って再起動
    3.iPhoneの設定のSafariで「履歴とwebサイトデータを消去」を実行
    4.再度280blockerをダウンロードして再度設定
    (アプリの再ダウンロードは無料です。)

    コンテンツブロッカーの設定が薄くなってできないときは機能制限が原因です。
    携帯電話会社の制限(あんしんフィルター、安心アクセスサービス、アクセス制限サービス)によって機能制限がされている場合もあります

    解決には、設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシーの制限→コンテンツ制限 →webコンテンツを「無制限のコンテンツ」へ変更してください。
    iOS11の場合は、iPhoneの設定アプリで一般→設定→機能制限→webサイトを「すべてのwebサイト」へ変更してください。

    コンテンツブロッカーの設定が終われば、機能制限を改めてオンにしても大丈夫です。

    保護者などに機能制限されている場合は、一時的に制限をオフにしてもらってコンテンツブロッカーの設定をしてください。

    iOSの不具合で、バージョンアップ時などに全く広告が消えなくなってしまうことがあります。

    下記の手順で直ります。

    1.280blockerを削除
    2.iPhoneを電源を切って再起動
    3.iPhoneの設定のSafariで「履歴とwebサイトデータを消去」を実行
    4.再度280blockerをダウンロードして再度設定
    (アプリの再ダウンロードは無料です。)

    Youtubeアプリの広告を消すことはできません。
    Youtubeアプリを削除して、SafariからYoutubeを閲覧すると広告がほとんど消えるようです。
    ただし、完全ではありません。コンテンツブロッカーでは消せない動画も一部あるようです。

    アプリの設定の「SNSアイコンを非表示」をオフにすれば、SNSアイコンを表示することができます。

    Safariの下のボタン(アクションボタン)を使うと、SNSへの投稿が簡単にできます。SNSアイコンを消す機能をオンにして、こちらを使うのを推奨しています。

    ・ほとんどの場合、280blocker以外の広告ブロックも使っていることが原因です。
    ・コンテンツブロッカー280以外の、広告ブロックアプリはオフにしてください。
    ・それでも解決しない場合は広告の報告ページから連絡をお願いします。

    • まったく広告が消えない場合は設定がうまくいっていません。もう一度設定を見直してください。
    • Safariの広告を消すアプリですので、Safari以外の広告は消えません。
    • 広告かどうか微妙なものは消さない方針です。amazonの個別商品へのリンクは消さずに残しています。
    • 動画サービス、Facebook、Twitter、instagram、Yahooなどは技術的な制約で広告が一部消えません。
    • YoutubeについてはYoutubeアプリを削除してSafariで閲覧するとほとんどの広告が消えます。
    • 国外のサイト、日本語以外のサイト、著作権に違反したコンテンツを配信しているサイトなどは積極的には対応していません
    • iOSやアプリが最新版でない場合は消えない広告がありますので最新版にしてください。
    • コンテンツブロッカー280は月に1回以上は更新しています。アプリの「ブロックルールの更新」を押すと最新版になります。最新バージョンのチェックは、「280blocker.net」の更新記事で確認してください。
    • 上記に当てはまらない場合は「広告の報告」から連絡してください。報告いただいてからだいたい1ヶ月程度で対応させていただいています。

    ・ポイント稼ぎのサイトは、広告を表示する事やアフィリエイトリンクをクリックしてもらう事で運営していますので、広告ブロックすると使えないサイトが多いです。
    ・このため広告ブロックアプリとは相性が悪いです。
    ・ポイントサイトを使うときにはコンテンツブロッカーをオフにするか、違うブラウザ(chromeなど)を使ってください

    ・広告ブロックしてほしくないサイトのドメイン名を入力してください。example.comのように入力します。
    ・日本語ドメインはPunycode(xn--○○○.net)へ変更して入力してください
    ・個別にホワイトリストを消す機能はありません。
    ・設定直後は効果がないことがあります。アプリの「広告をブロック」を一度オフにして再度オンにしてください。これでも効果がない時はiPhoneの設定で一度コンテンツブロッカーをオフにしてオンにしてください。
    ・他の広告ブロックアプリを使用している場合は、そちらでブロックされてしまうこともあります。

    ・買い切りアプリですので購入時点での性能に対する値段です。購入時点で動作しない場合は返金手続きを行ってください。
    ・ブロックリストの更新については基本的に期待しないでください。現在は完全なボランティア作業ですので、対応の遅延やできない事もあるかと思いますが、ご了承ください。将来的に更新などについては別料金にする可能性があります。

    ・個人が趣味で作っているアプリですので、忙しいときには、ご連絡いただいてもお返事や作業ができないこともありますが、申し訳ありません。

  • コンテンツブロッカー全般のFAQ

    ・コンテンツブロッカーはユーザが見たサイトや入力内容は取得できないように保護されています。
    ・また何がブロックされたかも、取得することができませんので安全です。
    ・280blockerは定義ファイル更新のためのデータ通信以外は権限が何もありません。ユーザーのプライバシー情報にアクセスできない仕様になっています。
    ・280blockerはファイルサイズが1MB以下ととても小さなアプリですので、コンテンツブロッカー機能以外は何も入っていません。

    ・コンテンツブロッカーはAppleによってSafariにしか効果がでないように制約されています。(一部Safariを使用したアプリにも効果があります。)
    ・そのためコンテンツブロッカー280は他のアプリでは、広告をブロックすることができません。
    ・他のアプリの広告を消したい場合は「初めての方へ | 280blocker」を参考にしてください。

    コンテンツブロッカーの機能はAppleの制約で64bitのiPhone/iPad/iPodでしか動きません。
    その為、iPhone 4s ,5 ,5Cなどでは動作しません。
    Appleが対応しない限り、今後も古い機種の対応はできません。

    ・基本的に高性能なコンテンツブロッカーアプリを1つだけ使うのが良いです。
    ・複数使うと、不具合が起こる可能性が大きくなり、必要なコンテンツまで消える事があります。
    ・複数使うことで、アンチアドブロックやコンテンツブロッカー対策に引っかかる可能性が上がります
    ・機能が低かったり、機能が限定されているようなコンテンツブロッカーは複数使うと性能が上がることがあります。
    ・280blockerでは、他のコンテンツブロッカーでブロックされているものは、280blockerでもほぼブロックしていますので、280blockerに他のアプリを追加しても性能がほとんど上がりません。

    Safariの右上の再読込ボタンを長く押してください。すると「コンテンツブロッカーなしで最読み込み」が可能です。
    これによりコンテンツブロッカーを一時的にオフにできます。

    例えばコンテンツブロッカーによってブロックされたページを見たい場合、広告を見たい場合はこの機能を使ってください。

  • その他

    このアプリは複数のiPhone/iPadで使うことが可能です。
    AppStoreで、同じApple ID(メールアドレス)を使えば無料で再度ダウンロードできます。
    機種変更をした時も、同じAppleIDを使っていただければ無料ダウンロードできます。

    同じAppleIDを使っているのにAppStoreで料金が表示されてしまうことがありますが、気にせず購入ボタンを押していただければ無料ダウンロードとなります。
    (AppStoreの表示の不具合によるものです)

    掲示板に書き込んだときのレス番が280だったからで、深い意味はありません。

    2019/9/16にiOS9がリリースされ、このときからiPhoneでコンテンツブロッカー機能が使えるようになりました。
    2015/9/21に私がコンテンツブロッカー関係で初めて掲示板に書き込んだときに掲示板の書き込み番号(レス番)が280だったことから280blockerとなりました。
    この時は1blockerというコンテンツブロッカーアプリに使える日本語用の広告ブロック用ファイルを配布していました。
    2016/01/09にコンテンツブロッカー280アプリを公開して、現在に至ります。

特定商取引法に基づく表記