280blocker ver5.2.0リリース

280blockerの最新バージョンをリリースされました。
AppStoreからダウンロード・バージョンアップしてください。

iOS14に正式対応しました。

急なiOS14リリースへの対応のため審査に多少ずれがあり、チップを送る機能が1日ほどうまく動きませんでした。現在は解消しています。
世の中にはまだまだiOS14に未対応のアプリが多いと思いますので他のアプリの対応状況を見ながらiOS14を使用していただくのが良いかと思います。
参考)iOS 14が約1日の猶予で突然リリースされた結果、アプリ開発者が対応に追われる事態に - GIGAZINE

ちなみにiOSをバージョンアップすると一定の確率でコンテンツブロッカーが全く機能しなくなることが知られています。消えなくなった場合の直し方はアプリ内のリンクにあるサポートサイトで「広告が消えなくなった」を見てください。

チップを送る機能を追加しました。

280blockerのユーザーで長期間愛用していて余裕があって、支援しても良いって方がいらっしゃれば年に1回程度チップを送っていただけると嬉しいです。
詳細な説明は別記事にまとめましたのでそちらを見ててください。

その他

・気象庁の広告の件

気象庁ホームページの広告運用開始日に不適切な点があったので、「気象庁HPの不適切な広告について」にまとめました。その後、NHKや有名メディアでも続々と記事になりました。どうやらネットに一番早く記事を出したためかやじうまWatchに取り上げてもらいました。
参考)停止された気象庁ホームページの広告、具体的に何がマズかった? 解説エントリが話題に【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

safari以外のアプリ広告ブロック

下記に書いている方法でiOS14でも動きそうです。ただVPNプロファイルを使った広告ブロックは環境によってうまく動かなかったり通信が重くなる事もあるようです。AdguardPro、Futiremind Adblockでも同様の事が可能です。
参考)アプリ広告の消し方(DNSCloak) | 280blocker