アプリの広告ブロック(暗号化DNS利用)

280blockerアプリのver6で、safari以外の広告もある程度消せる機能を搭載しました。これはiOS14の標準機能である暗号化DNSを利用しますので、設定が簡単で動作がとても軽いのが特徴です。ただし消えない広告もそれなりにあります。
暗号化DNSについて詳しく知りたい場合は下記をどうぞ。
参考)iOS14の暗号化DNSサポートと広告ブロック | 280blocker
この機能に必要なサーバーについては280blockerアプリのチップを送る機能でユーザさんからいただいたお金で契約しました。現時点でも1年間以上は問題なく安定的に提供できそうです。

設定方法

・iOS14以降にアップデートして、280blockerアプリをAppStoreで最新版にアップデートしてください。

・iPhoneの設定アプリ、一般、VPNとネットワーク、DNSで280blockerを選択してください。

これで280blockerのDNSサーバーによるブロックが有効になり、safari以外の広告もブロックされます。
自動を選ぶと、この機能が無効となり、広告ブロックオフとなります。

280blockerの暗号化DNSサーバーはレスポンスの良いシンプルな動作を目的としているため、ブロックされない広告も多数あります。またこの機能については基本的にサポートは行っていませんのでご了承ください。

よくある質問

VPNにDNSが出てきません。
iOS14未満ですと使用できません。iPhoneの設定アプリ、一般、ソフトウエア・アップデートでiOS14以降にアップデートしてください。
また280blockerも最新版でないと利用できません。

◆以前のプロファイルはどうすれば?
もう不要ですので、iPhoneの設定、一般、プロファイルから削除してください。
利用を停止する方法
一時的に利用を停止する場合は、DNSで「自動」を選択すれば機能がオフになります。
◆消えないアプリ広告がある
簡易的な広告ブロックですので消えない広告も多数あります。さらに広告を消したい場合はVPNプロファイルを利用した広告ブロックの利用を検討ください。
◆消えないSafariの広告がある。
safariの広告を消すのには機能が不完全ですので、これまで通りコンテンツブロッカー機能を併用してください。
DNSを複数選んでいいの?
複数選ぶとうまく広告がブロックされないことなどがあるようですので1つだけ選んでください。
サーバー運用やコストってどうなってるの?
280blockerの暗号化DNSサーバーは現在、複数台のサーバーで運用しており継続的なコストがかかっています。(詳細な説明
280blockerアプリには、「♥気に入った方へ」のメニューから開発者へチップを送って支援する事が可能で、いただいたチップでこれらのコストをまかなっています。もしも気に入ったら時々チップを送っていただくと助かります。

何ができるの?

iOS14で容易に簡単にDNSサーバを切り替えられるようになりました。これにより、すべてのアプリで広告を消したり、危険なサイトにつながらないようにできます。
ただ、機能が単純で広告ブロックの機能も限定的なため、この機能だけでは全ての広告はブロックできません。DNSでのブロックを使うとしても、コンテンツブロッカー(280blockerアプリ)はこれまで通り使って併用してください。
VPNプロファイルを利用した広告ブロック(DNScloakやAdguardpro、Futuremind Adblock)を現在お使いならそちらの方がより精度の良い広告ブロックができますし、ユーザが様々なカスタマイズが可能です。またローカルで動作が完結しますので280blockerのサーバの動作の有無にかかわらず動くのはメリットです。ただ環境によっては動作がやや重くなる事いのと、多少使い方が難しいのがデメリットです。
参考)DNSCloakの使い方
ちなみにDNSブロックでは広告を消せないアプリは多数あります。LineやTwitter、Facebookやinstagram、Youtbeなどの広告は消えません。
参考)広告ブロックの方法(おもにiPhone) | 280blocker

現在の280blockerサーバーの状態

2020/10/16にプロファイルが不要となりました。利用されていた方は削除してください。(iPhone、一般、プロファイルから削除できます。)
また今回の変更と同時にサーバーをグレードアップしましたので、以前のプロファイル利用より多少レスポンスが改善しているかもしれません。

簡易的なサーバーですので、24時間365日トラブルなしの運用は難しいと考えています。もしもネットにつながらない、ネットが遅いと思った場合は「自動」を選んでください。「自動」を選んでいただくと、今回の設定が行われていない本来の端末の設定に戻るので広告もブロックされなくなります。
サーバーを停止する場合はこちらで案内する予定です。

詳細な説明(興味がある方向け)

280blockerアプリにチップを送る機能を付けたところ、さっそく何人もチップを送っていただきました。(ありがとうございます)。
そのお金でサーバーを契約して広告をブロックできる暗号化DNSサーバを作りました。280blockerの暗号化DNSサーバーは想定している転送量の上限になるとサーバーが停止するかもしれません。その場合は、このページで告知します。
使用は280blockerアプリがインストールされている端末のみにしてください。

当初アメリカにサーバー1とサーバー2を作成しましたが、あまりにも遅延が大きかったので1と2のサーバーは9月末をめどに廃止予定です。
現在は、280blocker暗号化DNS3と280blocker暗号化DNS4が現在使用できます。どちらも全ての通信をブロックする単純なDoHサーバーで、プロファイルの設定で広告系の通信はこのDNSサーバーを利用してブロック、通常の通信はこのサーバーは使用せずに通常通り通信するようにしています。ブロックする広告サーバー数はできるだけ多く指定したかったのですが1000個指定するとプロファイルが動作しなかったため、頻繁にアクセスされる広告サーバー100-200個を選びました。DNSCloakなどでブロックするのに比べて8-9割程度の広告は消えているようです。

このブロック方法のメリットは設定が簡単で、レスポンスがよく、端末に負荷がかからないのでバッテリー消費がほぼない事かなと思っています。
そのため、一般のユーザが初めて使うのには良い方法かなと思っていますが、満足できない方や上級ユーザの方は他の広告ブロック方法を使っていただくのが良いかなと思います。