定義ファイルを更新しました(0730)

アプリ、1blocker、ABP版、FM Adblock版を更新しました。

  • 報告いただいた広告への対応
  • アンチアドブロック対策
  • アプリの広告ドメインの追加

アプリの広告を消すことができるアプリが今後どうなるかはよく分かりません。Appleのさじ加減ひとつでどうにでも変わります。
コンテンツブロッカーはSafariの広告しか消せませんが、Appleが認容している方法ですので現在のところは心配する必要はなさそうです。
iOSのAdguardProが来週アップデートされますがアプリの広告を消す性能が落ちるようですので、持ってらっしゃる方は現在のバージョンをiTunesでバックアップしておきましょう。

280blockerの定義ファイルですが、twitterのプロモーションツイートはコンテンツブロッカーでは消すのが難しいため、消えるtwitterクライアントを使って下さい。Yahooのキャンペーンは一部消していません。
国や市町村のサイトは目障りな広告以外は消していません。というのもレイアウト変更によって間違えて必要な情報が消えてしまうと、大変な事が起こるリスクが有るためです。

ーー280blockerの有効性のチェックーー
●最新のルールが有効ではないです。
●古いルールは消えています。
●iPhoneの方はiOSバージョンを最新にしてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7 件のコメント

  • safariでGoogleが繋がらなくなったのですが、FMブロッカーの影響でしょうか?

    一番最新のフィルターを使っております。

  • 前まで広告を消した後の空白が無かったサイトに空白ができるようになったのですが、できれば空白を無くしてほしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。