DNSCloakがAppStoreから削除されました

DNSCloakがAppStoreから削除されてしまい、新規ダウンロードできなくなりました。 再ダウンロードは購入履歴から可能です。

作者へ連絡した所詳細な状況を教えていただきました。

去年の夏にAppStoreのガイドラインが変更となり、VPN関連のAPIを使うのに法人アカウントが必要となりました。これが理由で個人アカウントで公開してるDNSCloakは公開停止となりました。 法人アカウントへこのアプリを移管したら再度公開できる状態ですが、どうするかは検討中との事です。

昨年、Futuremind Adblockも、AdguardPROもVPNを使った広告ブロックを理由に更新をrejectされ、今後の更新が無理になりましたし、現バージョンもいつまでAppStoreで公開されているか不安な状態です。
一方、DNSCloakはその後もアップデートがあり、現在までrejectされていませんので、再公開されれば今後も開発の継続が期待できるアプリです。
DNSCloak はiOSでDNSCryptやDoHを使うためにも必要なアプリですし、なんとか再公開される事を期待しています。
お返事内容について転載許可をいただきましたので、記載させていただきます。

Reply from DNSCloak developer (2019/1/6) :

Apple has removed the app from the App Store.
Long story short: last summer they have changed App Store Review Guidelines - all apps that utilizes VPN related API (the only way to alter network settings on vanilla iOS) must be submitted by companies or organizations, not by individual developers. (I understand the reason for such policy change, but the problem is that Apple applies it blindly to any case of VPN API usage.)
Technically DNSCloak is not rejected (since it doesn’t violate anything), it’s more like temporary status change. But to make it available again in the App Store Apple awaits from me an app transfer from my individual account to some company or organization account. Currently I’m evaluating available options and possible risks for the future of DNSCloak.