Youtubeの広告ブロックについて

iPhoneで280blockerを使用してyoutube広告が消えるにはいくつか条件があります。
・safariのモバイルサイトで見ている
・https://m.youtube.com のサイトを見ている
・すべてのWebサイトでコンテンツブロッカーを有効にしている
・急に消えなくなる事があります。その場合は、下記のsafariリセット手順が必要です。

Youtubeアプリでは消えません

Youtubeアプリで動画が開いてしまう場合は、まずYoutubeアプリを削除して、その後Safariで見てください。

モバイル版であることを確認

広告が消えなくなった理由でもっとも多いのがデスクトップ版のサイトを見ていることです。
Safariの左上のaAを押した時に、「デスクトップ版Webサイトを表示」と表示されていればモバイル用サイトを見ていますのでこれは問題ありません。
「モバイル用Webサイトを表示」が表示される場合は、それを押してモバイル用サイトへ変更してください。

見ているサイトがm.youtube.comであることを確認。www.youtube.comなどではデスクトップ版を見ていることがありますので広告が表示されてしまいます。

コンテンツブロッカーの設定を確認する

・iPhoneの設定アプリのSafariのコンテンツブロッカーは2つあり、その2つとも設定を確認してください。
1つめの設定では280blockerがオンになっている事を確認してください。
2つめの設定では「すべてのWebサイト」がオンになっている事を確認してください。
・280blockerアプリで「広告をブロック」がオンであることを確認してください。

safariをリセット(これまでの手順で消えない場合)

1.iOSを最新バージョンにする
2.280blockerアプリを削除
3.iPhoneの設定のSafariで「履歴とwebサイトデータを消去」を実行
4.iPhoneの設定、一般の「システム終了」で電源オフ
5.iPhoneの電源を入れる
6. 再度280blockerをダウンロードして再度設定(再ダウンロードは無料です。)
7.上記のコンテンツブロッカーの設定2か所を再度確認する。

これで消えない場合は1からもう一度行う。

それでも消えない場合は他の方法を

AppStoreの説明にも書かせていただいていますが、動画サイトの広告はどうしてもすべての広告を消せないことがあります。
またサイト側の配信システムなども時々変更されており、その影響で広告が消えなくなることがあります。
YoutubeでしたらPremiumサービスですと広告をきれいに消すこともできますし、アプリを使えますので使い勝手もよくなりますのでPremiumの契約を検討していただくのがいいかと思います。
またAppStoreなどにはYoutubeの広告を消して視聴する目的のアプリもありますので調べていただきそれらのアプリを使っていただくのもいいかと思います。